東日本大震災後に円高になったのは何故か?

バイナリオプション FX初心者  FXビギナー FX業者選び



当サイトは、FX、バイナリーオプション、日経225オプションなどいわゆるデリバティブ取引の初心者、ビギナーが中級者~上級者そしてプロフェッショナルにステップアップするために知っておく必要がある、役に立つ知識や情報、リスクに対する正しい理解のための情報を掲載しています。当サイト情報源は、経済ジャーナリスト、証券会社、FX業者、海外のFX業者経営者、実際に勝ち続けている一握りとされているトレーダーのコメントやアドバイス、専業プロ、はたまたFXやその他デリバティブで資金を全て失ってしまった退場者、詐欺被害経験者、シグナル配信サービス会社、EA開発者、バイナリーオプション業者オーナー、PAMM,マネージドアカウント業者オーナーなど、FXやデリバティブ関連事業者側のネットワークから得た情報を中心に構成されています。当サイト運営チームはFX暦10年、私達が持つ生々しいFXをはじめとしたデリバティブの知識を、皆様のFX、バイナリーオプション、日経225オプション、マネージドアカウント、PAMM、FXファンド投資の成功、危険回避、リスク理解のきっかけやヒントになるよう情報発信できればと思っております。情報は定期的に追加していきます。リンクフリーです。

maba1.jpg

東日本大震災後に円高になったのは何故か?

ずっと疑問だったことがあるねん・・東日本大震災後に円高になったのは何故?絶っっっ対売りポジでしょう!と 売り売りナンピンでかなり損したよ・・


先日こんな質問を受けたのでそれについて。。。


感情に左右されない!
金融市場で起こることをきちんと知っておくべき

2012年3月11日、宮城県沖で発生した大きな地震は、2万人にも及ぶ犠牲者と共に多くの産業基盤を我々から奪っていきました。

マーケットではあの有事を受けて「これは明日から日本売りが始まるぞ」
と懸念もしくはシナリオ立てしたトレーダー、投資家は多かった事でしょう。


ところが、地震被害の全容が明らかになってきた3月中旬以降、USD/JPYの外国為替市場では円高が進行しました。
震災後の為替相場.jpg

Yahooファイナンス(http://finance.yahoo.co.jp/)より。
2012年の2月から円安基調になっていたのに、震災後の3月下旬から大きく円高基調に触れ、1ドル=80円割れの状態がしばらく続くことになる。


東日本大震災で何故、米ドルが売られる様なことになったのでしょうか?
それには、金融商品が国境を超えたボーダーレスな存在になった理由がありました。


日本の産業が壊滅的な打撃を受けると
金融商品は現金ポジションを上げ始める


「東北地方を中心にして大災害があったということは現金需要が高まることを意味しています。災害を受けたときに蓄えを積み増しするなんてのはもってのほか。食糧や燃料など生活必需品を購入するために多くの人は貯金を切り崩して現金化するでしょうから。東日本大震災後の米ドル売りは、まさにそのシナリオが現実になってしまったものだといえます」

ファンドを取り扱う投資顧問会社の社長は、大震災後の円高について次のように説明を続けています。

「蓄えといっても、現在の日本は銀行預金だけを指すのではありません。老後に備えての長期投資なら投資信託に資金を託す人も多い。年金運用資金も同じです。その投資信託も長期投資のスタイルは国内株式型、国内債券型、国際株式型、国際債券型と4つの投資先の商品にバランス良く資金配分するのがいいといわれています。しかし、東日本大震災が起こってしまった。今は何よりも現金だ、となれば投資信託のファンドマネージャーは解約に備えて現金ポジションを上げます。国際株式型、国際債券型であれば、米ドル建ての株、米国債、ユーロ建ての株、ユーロ圏内の国債が売りに出される。これは、米ドル売り、ユーロ売りに均しくなるわけです」

もちろん、国内株式型も国債債券型も現金ポジションが上げられるので、平均株価は下がり、国債は金利が上昇しました。

このように少し考えればしごく真っ当な話ですが、「大震災=日本売り」と結びつけて考えてしまう傾向があって、ごく普通のイメージや認識では事情が良く飲み込めなかったのではないでしょうか。
(日本国債利回りチャート)
国債利回り.jpg
FOREXPROS(http://www.forexpros.jp/rates-bonds/japan-10-year-bond-yield)より。
日本の10年物国債が3月下旬より利回りが急上昇しているのがわかる。

(日経225チャート)
日経平均株価.jpg
Yahooファイナンス(http://finance.yahoo.co.jp/)より。
国債同様に3月下旬頃より日経平均株価が大きく下がっていることにも注目だ。



国際的な時事問題が相場に与える状況をどれだけ的確に見通せるか


最近では韓国大統領の竹島上陸に端を発した問題から、日韓スワップ協定の大幅縮小にまで発展しています。

これも普通に考えると、「日韓スワップの縮小=円による韓国ウォンの買い支え」がなくなるからウォン安ととらえてしまいがちです。

しかし現実は逆でした。

ウォン安で輸出額を維持したい韓国がウォン売りに政府が実質的に介入し、予算をかなり使っています。この状況が続けば多額の国債を高金利で発行せざるを得なくなるでしょう。


国際金融資本にとってみれば為替高の通貨の国債が高金利であってくれれば、これほど旨味のある話はありません(もちろんデフォルトがないとの条件付きですが)。
ハゲタカと揶揄されるような国際金融資本ですから、そこまで織り込んでウォンを買い続ける可能性もあります。

また、それとは別次元の話としてアベノミクスで株高傾向にある(急落はあったものの)日本では円に投資していたドル建て資産が目減りしているわけですから、投資先の株による利益が為替差損を上回るような形でチャート形成がされるはずです。


円安になったから株高、円高になったから株安という単純な話ではなくなってきているのです。

前回の記事で取り上げましたが
1ドル=100円を超えてからも、株の大暴落、円高傾向への触れがありました。
これはHSBCが発表した中国経済減速の予想によるもの。
世界的な株安が引き起こされています。

本当に、突如として様々な要因で変動しますよね。。

どのようなポジションを取っていくか、
様々な経済自事象を並べてみて、自分なりのシナリオを描いてみるのもとても重要ですが、
以外に外に目を向け専門家に聞いたりする機会を作ると、自分では思いもしなかったことが為替相場に影響を与えていることが分かる場合があります。
円安の後の株高、そして株高が続くかと思いきや暴落と円高……、といった流れについてもリアルタイムの情勢とその背景を教えてもらえることもあるでしょう。

これは、深部までしっかりと情報が取れるか疑問ですが、
株とFX(「くりっく365」を含む)双方を取り扱っているような証券会社では、顧客対象の無料講演会や勉強会が頻繁に開かれていますよね。こんなのも出てみると面白い話が聞けるかもしれません。

もちろん、取引の結果は自己責任ですが、FXはどうしても一人の世界で研究やシナリオ立てに没頭してしまいがちになります。
私は専業トレーダーもやっていた時があるのでよくわかりますが、一人で悶々と考えているよりも、人と情報交換するという作業で効率が良くなることは間違いないですし、やはりリフレッシュにもなりますしね。



少々本題とは逸れた括りとなりますが このへんで。。
。。。参考までに。




高評価な業者や商品


↑”スプレッドを縮小させることができる”とも言い換える事ができるトレーダー必須のサービス。世界最高のキャッシュバック金額を約束しますと断言されてます。海外FX業者を使うならここを通さない理由はないと思います。賢くコスト(手数料)を抑えられますね。→続きを読む

↓厳選 推奨バイナリオプション業者はこれ↓
ていうか、入金額の50%がもらえる業者はここ↓

1万入金したら5,000円
10万入金したら50,000円(゚o゚;;
30万入金したら150,000円が口座にもらえますΣΣ(゚д゚lll
・・てことわ・・ww
200x200 newopen.gif

個人的注目度の高いハンガリーの
FXマネージドアカウント(PAMM)比較サイト
maba2200200.jpg
http://bestcurrencytrader.com/jp/

risk234.png

MENU

世界経済について

バイナリオプション

PAMM・マネージドアカウント・一任勘定について

FXを学ぶ

images (6).jpg

まだ未完成なページもありますが、ほぼ毎日記事をアップしていっていますのでよろしければお気に入り登録お願いします。