パフォーマンスフィーの徴収は誰がやるの??

バイナリオプション FX初心者  FXビギナー FX業者選び



当サイトは、FX、バイナリーオプション、日経225オプションなどいわゆるデリバティブ取引の初心者、ビギナーが中級者~上級者そしてプロフェッショナルにステップアップするために知っておく必要がある、役に立つ知識や情報、リスクに対する正しい理解のための情報を掲載しています。当サイト情報源は、経済ジャーナリスト、証券会社、FX業者、海外のFX業者経営者、実際に勝ち続けている一握りとされているトレーダーのコメントやアドバイス、専業プロ、はたまたFXやその他デリバティブで資金を全て失ってしまった退場者、詐欺被害経験者、シグナル配信サービス会社、EA開発者、バイナリーオプション業者オーナー、PAMM,マネージドアカウント業者オーナーなど、FXやデリバティブ関連事業者側のネットワークから得た情報を中心に構成されています。当サイト運営チームはFX暦10年、私達が持つ生々しいFXをはじめとしたデリバティブの知識を、皆様のFX、バイナリーオプション、日経225オプション、マネージドアカウント、PAMM、FXファンド投資の成功、危険回避、リスク理解のきっかけやヒントになるよう情報発信できればと思っております。情報は定期的に追加していきます。リンクフリーです。

maba1.jpg

パフォーマンスフィーの徴収は誰がやるの??

マネージドアカウントでは、運用益が出たときに”パフォーマンスフィー”といういわゆる”成功報酬手数料”が口座から自動的に徴収されます。というのは前ページで説明しました。

そうなると・・・マネージドアカウント会社側が投資家顧客の口座資金の徴収操作が自由にできるのでは??・・・ということはその権限を悪用して”約束と違うパフォーマンスフィーが徴収されたり”しないのか??

という疑問が生まれるかもしれません。

しかしこれは大丈夫なのです。

まず・・運用をしてくれるマネジメント会社(マネージドアカウント会社)は、マネージドアカウントの仕組みを提供しているFX会社と

”顧客から徴収するパフォーマンスフィーは何%にします”

という契約を交わします。

そしてそのパフォーマンスフィーの実際の徴収操作ですが、この処理を行えるのはマネジドアカウント会社ではなく、仕組みを提供しているFX業者がその%に沿って徴収します。

そしてFX業者から、マネジメント会社(マネージドアカウント会社)へパフォーマンスフィーが支払われるという仕組みとなっているため、徴収操作はFX会社しかできませんから、マネージドアカウント会社が投資家の口座資金からパフォーマンスフィーの徴収操作を自由にできてしまうのでは??というのは間違っているという事になります。

常に第3者機関が間に入っているようなイメージでしょうか。

個人的注目度の高いハンガリーのマネージドアカウント比較サイト↓

http://bestcurrencytrader.com/jp/



高評価な業者や商品


↑”スプレッドを縮小させることができる”とも言い換える事ができるトレーダー必須のサービス。世界最高のキャッシュバック金額を約束しますと断言されてます。海外FX業者を使うならここを通さない理由はないと思います。賢くコスト(手数料)を抑えられますね。→続きを読む

↓厳選 推奨バイナリオプション業者はこれ↓
ていうか、入金額の50%がもらえる業者はここ↓

1万入金したら5,000円
10万入金したら50,000円(゚o゚;;
30万入金したら150,000円が口座にもらえますΣΣ(゚д゚lll
・・てことわ・・ww
200x200 newopen.gif

個人的注目度の高いハンガリーの
FXマネージドアカウント(PAMM)比較サイト
maba2200200.jpg
http://bestcurrencytrader.com/jp/

世界経済について

バイナリオプション

PAMM・マネージドアカウント・一任勘定について

FXを学ぶ