ハイウォーターパーク方式とは?

バイナリオプション FX初心者  FXビギナー FX業者選び



当サイトは、FX、バイナリーオプション、日経225オプションなどいわゆるデリバティブ取引の初心者、ビギナーが中級者~上級者そしてプロフェッショナルにステップアップするために知っておく必要がある、役に立つ知識や情報、リスクに対する正しい理解のための情報を掲載しています。当サイト情報源は、経済ジャーナリスト、証券会社、FX業者、海外のFX業者経営者、実際に勝ち続けている一握りとされているトレーダーのコメントやアドバイス、専業プロ、はたまたFXやその他デリバティブで資金を全て失ってしまった退場者、詐欺被害経験者、シグナル配信サービス会社、EA開発者、バイナリーオプション業者オーナー、PAMM,マネージドアカウント業者オーナーなど、FXやデリバティブ関連事業者側のネットワークから得た情報を中心に構成されています。当サイト運営チームはFX暦10年、私達が持つ生々しいFXをはじめとしたデリバティブの知識を、皆様のFX、バイナリーオプション、日経225オプション、マネージドアカウント、PAMM、FXファンド投資の成功、危険回避、リスク理解のきっかけやヒントになるよう情報発信できればと思っております。情報は定期的に追加していきます。リンクフリーです。

maba1.jpg

ハイウォーターマーク方式とは?

一般的なマネージドアカウントはパフォーマンスフィーのルールについて”ハイウォーターマーク方式”を採用しています。

ハイウォーターマーク方式とは、簡単に言えば「過去最高成績を基準にそれよりも利益が出た分から成功報酬をいただきます」という意味です。

かなり真摯的で投資家とフェアなルールと言えます。

では具体的に説明します。こうすると簡単です。

3月・・・10%の利益  → パフォーマンスフィー20%が徴収されます。
4月・・・25%の利益  → パフォーマンスフィー20%が徴収されます。
5月・・・-10%の損失 → パフォーマンスフィーは徴収されません。(当然や~~)
6月・・・5%の利益  → パフォーマンスフィーは徴収されません。(ここがハイウォーターマークの特徴)
7月・・・20%の利益 → パフォーマンスフィーは15%の運用益の20%が徴収されます。(ここもハイウォーターマークの特徴)

6月7月に注目です。

このように、6月はプラス5%だったものの、前月5月の-10%のせいで、4月の終わりの時点での成績をまだ超えていません。
ですから5月はパフォーマンスフィーは差し引かれません。
7月は20%が出ました。4月末の成績を15%超えましたので、この15%の部分から20%の運用者報酬が徴収されます。
(-10+5+20=15)

このように、短月で見られるのではなく期間で見てくれるわけです。
運用者は常に自己の最高成績との戦いとなり、投資家にとっては非常に納得の手数料形態です。

個人的注目度の高いハンガリーのマネージドアカウント比較サイト↓

http://bestcurrencytrader.com/jp/
































高評価な業者や商品


↑”スプレッドを縮小させることができる”とも言い換える事ができるトレーダー必須のサービス。世界最高のキャッシュバック金額を約束しますと断言されてます。海外FX業者を使うならここを通さない理由はないと思います。賢くコスト(手数料)を抑えられますね。→続きを読む

↓厳選 推奨バイナリオプション業者はこれ↓
ていうか、入金額の50%がもらえる業者はここ↓

1万入金したら5,000円
10万入金したら50,000円(゚o゚;;
30万入金したら150,000円が口座にもらえますΣΣ(゚д゚lll
・・てことわ・・ww
200x200 newopen.gif

個人的注目度の高いハンガリーの
FXマネージドアカウント(PAMM)比較サイト
maba2200200.jpg
http://bestcurrencytrader.com/jp/

世界経済について

バイナリオプション

PAMM・マネージドアカウント・一任勘定について

FXを学ぶ