FX市場の裏側

バイナリオプション FX初心者  FXビギナー FX業者選び



当サイトは、FX、バイナリーオプション、日経225オプションなどいわゆるデリバティブ取引の初心者、ビギナーが中級者~上級者そしてプロフェッショナルにステップアップするために知っておく必要がある、役に立つ知識や情報、リスクに対する正しい理解のための情報を掲載しています。当サイト情報源は、経済ジャーナリスト、証券会社、FX業者、海外のFX業者経営者、実際に勝ち続けている一握りとされているトレーダーのコメントやアドバイス、専業プロ、はたまたFXやその他デリバティブで資金を全て失ってしまった退場者、詐欺被害経験者、シグナル配信サービス会社、EA開発者、バイナリーオプション業者オーナー、PAMM,マネージドアカウント業者オーナーなど、FXやデリバティブ関連事業者側のネットワークから得た情報を中心に構成されています。当サイト運営チームはFX暦10年、私達が持つ生々しいFXをはじめとしたデリバティブの知識を、皆様のFX、バイナリーオプション、日経225オプション、マネージドアカウント、PAMM、FXファンド投資の成功、危険回避、リスク理解のきっかけやヒントになるよう情報発信できればと思っております。情報は定期的に追加していきます。リンクフリーです。

maba1.jpg

FX市場に参入する多くの人々は、FX業者 を選び、入金してプラットフォームから売りや買いの注文を出すと、「為替市場」や「インターバンク」等の市場へ自分の注文が必ず届いて為替市場で世界中の売り買いの注文の中で取引成立されるようになると考えているようです。

しかしながら、そうではありません。

まず国内外、大変多くのFXブローカーが乱立する理由としては、それはあまりにも収益の高いビジネスだからです。日本でも、FXとは無関係だったIT企業やメディア会社までもFXブローカー事業に乗り出していることは不自然ささえ感じます。

なぜそんなにも高収益なビジネスなのでしょう?人気があるからでしょうか?それも間違いではありません。しかし本当の理由は”相対取引”というビジネスモデルの収益構造に隠されていることをいったいどれだけのFXトレーダーが知っているのでしょうか?

多くの場合、顧客がFX brokerと取引をおこなっても、その注文はどこにも出されません。ブローカー(この時には取引の契約相手になります)は受注はしますが、ブローカーが自分の取引としておこなう為です。”のむ”と言います。ブローカーは顧客から同量の売りと買いの注文があれば相殺して”のみ”ます。

これをマリー行為とも言います。

なぜそんな事が??

この事に関して、ある統計が鍵を握ります。それはFX取引を試みた95%の人々がお金を失っているという統計です。
つまり、もしFXブローカーが単に注文を取り付け、それを自分のものとするのであれば、顧客がお金を失う時は、彼らがまるまる儲けているという事なのです。これの意味が分かるでしょうか?
そして、仮に95%もの取引時に起きているとすれば、それは大変な儲けになるという事です。
このように市場原理とも言うべき統計学的確率論に基づいてFXブローカーは手に取るように、そして予想通りに稼いているわけです。

FX ブローカー達はギャンブル・パーラー或いはカジノと遜色がないようになりました。
トレーダーは躍起になって自分が儲ける方に賭けますが、彼らはあなたが損をする方に自信を持って賭けます。
そして、カジノのように彼らは取引の95%で勝つのです。

最大の問題点としては、彼らが取引値も事実上コントロールしている事です。
あなたがFXを長らく経験をしていると、例えば異常に急騰する相場から退出する事を止められたり・・、あるいはブローカーのプラットフォームが活動しないといった、話を珍しくなく聞くと思います。当然誇張された話も多いのですが、実際に起こっている事実です。

そしてブローカー達が、顧客がアカウントから出金することを認めないといったケースや、数ケ月もの滞納などといった話もちょくほくあるわけです。

全ては”のみ行為”に起因します。

そうは言っても誤解しないで頂きたいのですが、一般のFXトレーダーにとって皆様がよく目にするFXブローカーは必要です。
なぜならば、インターバンク市場では通常小口取引はおこなえないですし、インターバンク市場は非常に動向が目まぐるしく、そして取引をおこなうには危険です。金額やポジション高は驚くほどです。
つまり、本来は、100万円、200万円規模のアカウントで取引ができるような市場は(様々な理由により)何処にも無いのです。

「のみ行為(brokerが取り付けた注文で、顧客が損失を出すことにより儲ける事を指す)」に加えて、FXブローカーのわりと多くが、会社組織という会社組織は殆どなく、非常に立派なWEBサイトのイメージからすると拍子抜けするような小規模なものがほとんどです。
その為、FXブローカーは一夜にして倒産し、全ての顧客が自分たちの全預金を失うリスクを常に持っています。レフコFXの出来事は皆様も記憶に新しいでしょう。多くのブローカー達は、「インターバンクFX 市場での取引」という言葉の使用を辞め、今ではSTP(直接価格)価格と呼び、それは基本的にインターバンク市場の流動性供給者より直接与えられた価格の事を指します。
今では多くの人達が「ディーリングデスクなし」と言い、これは人の手で受け付ける/おこなうものとは対照的に、単にコンピューターを経由して注文がおこなわれる事を意味します。
多くのFXブローカーにおける最大の問題は、彼らが価格をコントロールしているにもかかわらず、会社全般の透明性が非常に欠如していることで、顧客が損失を出す時に彼らは儲けるといった納得しがたい利害関係が十分なせつめいも無しに成り立っていることです。

業者のほとんどがこう言います。
「相対取引である以上、結局FX業者が自由にそしてビジネスとしてルールを決める。それは末端のトレーダーには分からない話。実際の中身はそうだ」と。

本当の意味で、FX業者選びがいかに重要かお分かりでしょう。
ここに書かれていることが分かる方はまだ次なる行動が見えているでしょう。もし”なんおこっちゃ??”という方ははまだ”FXというものを知っているようで知らない位置にいる”と言えるかもしれません。

付け加えるとするならばFXブローカーが ドイチェ銀行(dbfx.comのような)規制された銀行であれば話は別ですが。(日本人や日本法人は口座開設NG)

個人的注目度の高いマネージドアカウント比較サイト→  http://bestcurrencytrader.com/jp/


高評価な業者や商品


↑”スプレッドを縮小させることができる”とも言い換える事ができるトレーダー必須のサービス。世界最高のキャッシュバック金額を約束しますと断言されてます。海外FX業者を使うならここを通さない理由はないと思います。賢くコスト(手数料)を抑えられますね。→続きを読む

↓厳選 推奨バイナリオプション業者はこれ↓
ていうか、入金額の50%がもらえる業者はここ↓

1万入金したら5,000円
10万入金したら50,000円(゚o゚;;
30万入金したら150,000円が口座にもらえますΣΣ(゚д゚lll
・・てことわ・・ww
200x200 newopen.gif

個人的注目度の高いハンガリーの
FXマネージドアカウント(PAMM)比較サイト
maba2200200.jpg
http://bestcurrencytrader.com/jp/

世界経済について

バイナリオプション

PAMM・マネージドアカウント・一任勘定について

FXを学ぶ